We shall overcome- 沖縄と世界史-

琉球大学西洋近現代史(池上大祐)の教育・研究活動ブログです。アメリカと太平洋島嶼地域との関係について、(脱)・(新)・(核の)植民地主義の観点から研究しています。また、沖縄で西洋史・世界史を学ぶ意義・方法について歴史教育実践を通じて追求していく予定です。なお本ブログの記事は、あくまでわたくし個人の意見であり、所属先の方針や考えを代表するものではありません。

紀要最新号ーゼミの研究成果も収録!

f:id:daimayhawks:20210327113527j:image

地域文化科学プログラムの紀要『地理歴史人類学論集』第10号ができました。前号から原則電子版という方針にしましたが、退職記念号の場合はしっかり冊子にもすることに。退職される先生方には私が着任してから本当にお世話になり、研究する姿勢というものを背中で、または飲み会での交流のなかで教えてくださいました。ここ一年、飲み会ができてないのが本当に残念です。

本来なら私も自分の論文を寄せるべきでしたが、色々手一杯で叶わなかったこと自分の非力さを嘆くばかりです。サポート&運営系の仕事が増えていくばかりですが、1日400字でもいいから書き続けることが大事だと痛感しました。

しかしそれでも、「調査報告」という形で、ゼミ生の2019年度共同研究の成果(琉球大学西洋近現代史ゼミ「阿波根昌鴻の学びと闘いー伊江島のなかの世界史ー」)をしっかりと載せることができました!成果をきちんと形にする、という方針をこれからも大事にしたいと思います。