~<沖縄のなかの≪世界史>のなかの沖縄≫~

琉球大学西洋近現代史(池上大祐)研究室の教育・研究活動の記録ブログです。アメリカと太平洋島嶼地域との関係について、(脱)・(新)・(核の)植民地主義の観点から研究しています。また、沖縄で西洋史・世界史を学ぶ意義・方法について歴史教育実践を通じて追求していく予定です。なお本ブログの記事は、あくまでわたくし個人の意見であり、所属先の方針や考えを代表するものではありません。

歴教協沖縄大会の開催(8月5日~7日)

2016年8月5日(金)~8日(日)に、歴史教育者協議会全国大会・沖縄大会が開催されます。全国の社会科をはじめとする教員たちが、日ごろの教育実践を披露し、議論し、共有する場です。どのような教材をつくっているのか、どのような工夫がなされているのか、とても刺激になります。

 

8月5日(金)の全体会は名護市民会館で開催。元人民党議員の古堅先生、新崎盛暉先生の講演、沖縄米軍基地に関する教育実践報告など、盛りだくさんです。みなさんのなかの「沖縄」をぜひ見出していただきたい。

 

8月6,7日の分科会・地域に学ぶ集いは、琉球大学にて。私は、世界分科会で報告させていただきます。

 

☆詳細はこちらのURLをご覧ください☆

http://www.rekkyo.org/wordpress/wp-content/uploads/2016/04/02c9bdd1003e8951531432f9450e59a5.pdf

 

お時間のある方はぜひお越しください。

学生は、事前受付は1500円、当日参加は2000円です(正規の半額以下!!)。